記事一覧

【ジンベエザメ見学】 大阪・海遊館以布利センター

【最終更新日:2016年1月11日】


大阪・海遊館以布利センター
(高知県土佐清水市以布利漁港内)
ここでは、海遊館に展示する生き物の収集と飼育、周辺海域の調査研究をおこなっています。以布利港の目の前の太平洋には、
黒潮に乗って多くの生き物たちがやって来るのです。

~大阪・海遊館のジンベエザメが、ふるさとの大水槽を泳ぐ!~

ファイル 123-1.jpg


ファイル 123-2.jpg


ファイル 123-3.jpg

5mを超すジンベエザメ2匹が、大水槽を優雅に泳いでいます。
大阪・海遊館にて展示・飼育されるジンベエザメは、
黒潮海流が日本で最初にぶつかる足摺岬周辺の海で、
漁師の網にかかったものを輸送するのがほとんどだそうです。

★見学可能日時★
土・日曜日、祝祭日
※通常は、一般の人は立入禁止の施設ですので、特別見学でも料金は発生致しません。
※ただし、生物の状態などにより予告なく見学を中断・中止する場合がございます。ご了承くださいませ。
※フラッシュ撮影はご遠慮ください。

ファイル 123-4.jpg

お問い合わせ先はこちら↓
大阪海遊館海洋生物研究所以布利センター
 TEL:0880-82-8780

土佐清水・ジョン万次郎くろしお社中