記事一覧

足摺岬灯台

【最終更新日:2016年1月6日】


「足摺岬灯台」
2014年4月1日で点灯100周年を迎えました!!

ファイル 140-1.jpg
足摺岬の絶壁にたつ白亜の灯台。
高さ18m、光度46万カンデラ、光達距離38km。

※光度について
灯台建設当時とは光度の計測の仕方が違っており、現在は46万カンデラとなっております。


ファイル 140-2.jpg
わが国でも最大級の灯台のひとつで、大正3年(1914)に点灯されて以来ずっと、沖をいきかう船の安全を見守りつづけています。
太平洋の大パノラマや詩情あふれる風景が楽しめ、ロマンチックムード満点。
※灯台の中に入ることはできません。

ファイル 140-3.jpg
白亜の灯台は、足摺岬のシンボルとなっています。


ファイル 140-4.jpg
また、灯台から遊歩道を歩いて行った所にある天狗の鼻は、灯台を眺める穴場スポットとなっています。
※「岬」のことを、足摺では「鼻」とも言います。

土佐清水・ジョン万次郎くろしお社中