記事一覧

竜串海域公園

【最終更新日:2016年1月7日】

竜串海域公園
ファイル 138-1.jpg

 足摺宇和海国立公園内に位置し、サンゴや華やかな魚類と共に亜熱帯的な海中景観を形成している竜串湾は、昭和45年(1970年)に我が国で初めての海中公園として指定されました。【2010年に法律の改正があり、現在は「竜串海域公園」となっています。】

 湾内において4つのエリア(1~4号地)が特定されており、それぞれ特異な海中景観が楽しめます。

ファイル 138-2.jpg

 1号地はスノーケリングやシーカヤックをすることができ、2~4号地はグラスボートにて海中景観を楽しむことが出来ます。

ファイル 138-3.jpeg

 特に、見残し湾(第4号地)のシコロサンゴ群体は国内最大のもので、高知県の天然記念物にも指定されております。

ファイル 138-4.jpg

 海域公園以外にも、地質の博物館と呼ばれる竜串海岸見残し海岸の奇岩や、海洋型の施設(足摺海底館足摺海洋館)などがあります。竜串海岸へは、そのまま歩いて行く事が出来ますが、見残し海岸へはグラスボートで渡ります。

竜串海域公園の詳しいMAPはこちら

竜串・見残し奇岩パーク『竜串海岸』

【最終更新日:2016年1月6日】

竜串・見残し奇岩パーク
日本初の海域公園である、竜串海域公園に位置し、砂岩が波食や風食を受けて形成された海食台地が広がります。

ファイル 137-1.jpg
「大竹・小竹」

徒歩で行ける竜串海岸は、
「大竹・小竹」と呼ばれる一直線に並んだ丸みを帯びた岩や、
「パイプ」と呼ばれる生痕化石も多く見られる不思議な海岸です。
現在は遊歩道が整備されていますが、昭和30年頃は岩に足をかけて見学していました。
その跡は今でも見てとれます。

ファイル 137-2.jpg
「蛙の千匹連」


ファイル 137-3.jpg
「らんま岩」


また、弘法大師空海が、その規模の大きさから、全部見て回ることができず、見残したことが名前の由来だと言われている「見残し海岸」は、千尋岬にあり、現在に至っても竜串から徒歩での道のりは難所のため、グラスボートで渡る事ができるようになっています。
1周約60分の遊歩道を進めば、天然記念物の「化石漣痕」、「屏風岩」など珍しい天然の彫刻が次々と現れます。

見残し海岸にはグラスボートで、海中景観を観賞しながら行くことができます。

竜串見残し奇岩パーク『見残し海岸』

【最終更新日:2016年1月7日】

見残し海岸は竜串海域公園の千尋岬にあります。

ファイル 181-1.jpg

歩いて行くにはあまりにも難所なため、弘法大師がこの地を見残したことから、「見残し海岸」と名前がついたと言われています。


竜串海岸のように砂岩が波食や風食を受けて形成された海食台地が広がりますが、徒歩で行くのが困難なため、風よけに見残し湾を利用していた漁師以外は、この2千年前の巨大な景観をなかなか見ることはできなかったようです。


ファイル 181-2.jpg
「渦巻岩」

ファイル 181-3.jpg
「愛情の岩」

この見残し湾の、シコロサンゴ群体は国内最大のもので、高知県の天然記念物に指定されています。
ファイル 181-4.jpeg


現在、見残し海岸へは、グラスボートで渡ることができるようになっています。

◎グラスボート運営業者は二社ございます。
たつくし海中観光 0880-85-1155
竜串観光汽船 0880-85-0037

桜浜

【最終更新日:2016年1月10日】

桜浜は、竜串にある、土佐清水市の指定海水浴場です。

ファイル 182-1.jpgファイル 182-2.jpg

昔は桜貝というピンク色の貝殻が浜を覆い隠すようにあり、浜全体が桜色にそまっていたので、桜浜と名付けられた、と言われています。


ファイル 182-3.jpg
現在は桜色ではありませんが、白い砂浜が美しく、夏場にはウミガメが産卵に訪れます。


また毎年7月の第一日曜日に、桜浜海水浴場海開きが開催されており、地元の子どもたち、大人たちで賑わいます。

ファイル 182-4.jpg
★設備★
 シャワー(無料)有
 トイレ有
 駐車場有(桜浜のすぐ前10台ほど、すぐ近くの市営駐車場70台)


ファイル 182-5.jpg
夕暮れの桜浜


問い合わせ先はこちら!
NPO竜串観光振興会
 TEL:0880-85-0137

たつくし海中観光

【最終更新日:2016年1月10日】

グラスボート運航「たつくし海中観光」さんをご紹介します。

服を着たまま、海中のお散歩と見残し観光
 【日本初の竜串海中公園(現在は竜串海域公園)観賞と長島~見残し往復グラスボート】

ファイル 107-1.jpg
当社のグラスボートは、足摺海底館の近くより発着しています。

ファイル 107-2.jpg
1970年7月1日竜串の海は、日本ではじめての海中公園に指定されました。
四国最南端、黒潮が日本列島にぶつかる足摺岬より少し西にある竜串海中公園(2010年に法律の改正があり、
現在は「竜串海域公園」となっています)。黒潮暖流の影響を受け、造礁サンゴや熱帯魚が生息する海の宝庫といわれています。

海中には、テーブルサンゴやキクメイシ、海トサカにヤギ類など、ソフトコーラルの数々が色鮮やかに生息しています。

ファイル 107-3.jpg
ハイライトのシコロサンゴ。
見残し海岸に接岸する前に、湾内にて間近に見られます。


ファイル 107-4.jpg
見残し海岸の奇岩群。
散策所要時間は、20~30分くらい。
一周することも出来ます。【約50分以上】
~~~ 下船時に船長が確認致します。 ~~~


ファイル 107-5.jpg
時を忘れるさいはての地、竜串へ、、、、、
お待ちしております。

■グラスボート
船底のガラスを通して、海域公園の海の生態を広く鑑賞することができます。
長島見残し間往復: 往路:20分 複路:10分 
 定員:37名、3隻 
▲乗船料金: 大人:1、560円  小人:780円

●15時半以降の出航は、見残し海岸に上陸出来ない場合がございます。

営業時間: 8:30~16:30
定休日:  水曜日(※営業日でも、荒天時は運行不可) 
駐車場:  150台(レスト竜串)(無料、大型車も可)

【ご予約・お問い合わせ】
TEL:0880-85-1155
Fax:0880-85-1198
〒787-0450
土佐清水市三崎4135
HP:http://www.glassboat.jp/

竜串観光汽船

【最終更新日:2016年1月10日】

グラスボート(観光施設)「竜串観光汽船」さんをご紹介します。

ファイル 82-1.jpg
竜串市営駐車場(無料)をご利用下さい。
発着場所は竜串海岸のすぐそばにある竜串港です。

●グラスボートの運航●
8:00~17:00(12~2月は8:00~16:30)
20~30分ごとに一便程度運行します。
船底のガラスを通して熱帯魚の群れるサンゴの海にご案内致します。
ファイル 82-2.jpg
【天然記念物のシコロサンゴ】

ファイル 82-3.jpg
【グラスボート船内】

●見残し海岸●
岩肌が蜂の巣状になった不思議なところ。
徒歩一周50~60分(スニーカーが歩きやすい。)
竜串観光の、おススメの場所です。
ファイル 82-4.jpg
【渦巻岩】

※詳しくは、下記竜串観光汽船ホームページをご覧下さい。
http://kankosen.official.jp/

★アクセスMAP★


営業時間: 8:00~17:00
定休日:  なし 
駐車場 : 有(竜串市営駐車場)、無料(70台、大型車可)

【ご予約・お問い合わせ】
TEL:0880-85-0037
〒787-0452
土佐清水市竜串19-10
HP:http://kankosen.official.jp/

足摺海底館

【最終更新日:2016年1月10日】

観光施設「足摺海底館」をご紹介します。

ファイル 86-1.jpg

足摺海底館は、昭和47年にオープン。
日本一の収容人員を誇る中四国唯一の海中展望塔です。

ファイル 86-2.jpg

付近は、日本初の海中公園(2010年40周年)(※法律の改正により、現在は海域公園となっています)や奇岩、
奇景勝地である竜串・見残し奇岩パークとしても知られております。

ファイル 86-3.jpg

太平洋を一望できる海上展望室から、7mの螺旋階段を
降りて行くと、360度海中窓がある海中展望室に到着します。

ファイル 86-4.jpg

直径60㎝の大きな海中窓からはテーブルサンゴや赤紫色の海トサカ、また、海底館では毎日餌をあたえておりますので
沢山の色とりどりな魚がご覧いただけます。

ファイル 86-5.png

【料金】
 大人: ¥900
 子供(4歳~高校生): ¥450

【営業時間】
8:30~17:00(4月~8月)
9:00~17:00(9月~3月)
【定休日】
  無(悪天候時営業中止の場合あり) 
【駐車場】
150台(無料)


ご予約・お問い合わせはこちらへ!
TEL:0880-85-0201
〒787-0450
土佐清水市三崎4124-1
ホームページ
http://www.a-sea.net/

高知県立足摺海洋館

【最終更新日:2016年1月10日】

水族館「足摺海洋館」をご紹介します。

ファイル 79-1.jpg

足摺海洋館は黒潮が育む足摺宇和海国立公園の美しい海を臨み、「土佐の海と黒潮の魚たち」をテーマに
周辺に生息する魚類を中心に約200種・約3000点を飼育展示しています。
 

ファイル 79-2.jpg
☆入り口正面に広がる大水槽には、1mを越すシノノメサカタザメ、スギ、ハタ類などの大きな魚たちと、
ツバメウオやフエダイ類などの小さな魚たち…約50種の魚が優雅に泳いでいます。

大水槽の魚たちへのエサやり体験もできます!
詳細はコチラから↓
http://www.shimizu-kankou.com/diary03/archives/66.html

ファイル 79-3.jpg
こちらはゴマフアザラシのゴマくん。

ファイル 79-4.jpg
☆磯の潮だまりを再現したタッチングプールでは、磯の生き物たちに触れることができ、間近で小魚たちを観察することができますよ!

ファイル 79-5.jpg
※年間パスポート【1,000円(18才以上、生徒除く)、500円(小中高校生)】

足摺の海の住人達に一度会いに来てみてください!

営業時間:8:00~18:00(4月~8月)
      9:00~17:00(9月~3月)
休館日:12月の第3木曜日のみ

入館料:
大人18歳以上(生徒を除く)/720円
児童・学生(小・中・高校生)/360円
団体(20名以上、2割引き) 大人/580円、小人/290円


駐車場:150台(無料、大型車も可)


ご予約・お問い合わせはこちらへ!
TEL:0880-85-0635 Fax0880-85-0650
〒787-0450
土佐清水市三崎4032
HP:http://www.kaiyoukan.jp/

竜串ダイビングセンター

【最終更新日:2016年1月12日】

スキューバダイビングやスノーケリングツアーを開催している「竜串ダイビングセンター」さんをご紹介します。

ファイル 83-1.jpg

1970年に日本で初めての海中公園に指定された竜串海中公園(2010年に法律の改正があり、現在は「竜串海域公園」となっています)。多くの造礁サンゴや温帯性と熱帯性の水中生物が混在し、四季を通してそれぞれ違った水中世界が見られます。東は足摺岬、西は叶崎に護られ、台風や夏場の時化以外は年中潜る事が出来るので、基本的にシーズンオフはありません!

ファイル 83-2.jpgファイル 83-3.jpg
ファイル 83-4.jpgファイル 83-5.jpg


6室の更衣室とシャワー室があり施設も充実しています。

【施設スタッフは、日本語のみでの対応となります】

営業時間: 10:00~18:00
定休日:  なし 
駐車場: 有、70台(市営無料駐車場)

ご予約・お問い合わせはこちらへ!
TEL:0880-85-0790
〒787-0452
土佐清水市竜串3897
HP:http://www.tdc2001.com/

爪白キャンプ場

【最終更新日:2016年1月10日】


爪白キャンプ場

足摺海洋館足摺海底館・竜串海域公園(竜串・見残し奇岩パーク)等はすべて近所にあり、歩いての観光も可能です。
また、ここから足摺岬まで約35分くらいで行くことが出来ます。
お車でお越しの方は、足摺岬にも行ってみて下さい。

ファイル 146-1.jpg

★施設★
・シャワー(温水 1回100円)
・炊事棟有り
・トイレ(水洗)
・駐車場(約100台無料)
※テントとバーベキューセットの貸し出し有ります。
※宿泊(キャンプ)、予約不要

ファイル 146-2.jpg

ファイル 146-3.jpg

●注意事項●
芝生の上で直接火を焚かないで下さいとのことです。


料金
・清掃協力金としてお1人さま300円必要です。
・キャンピングカーでの乗り入れは
 1台あたり1,000円+清掃協力金が1人あたり300円必要です。

ファイル 146-4.jpg
駐輪場もあります!

お問い合わせはこちら!
土佐清水市役所
 TEL:0880-82-1111

土佐清水・ジョン万次郎くろしお社中