大阪・海遊館海洋生物研究所 以布利センター

【最終更新日:2022/05/17】

大阪・海遊館以布利センター
(高知県土佐清水市以布利漁港内)

【以布利センターのジンベエザメが見学中止となります】

毎週土日祝日のみ一般公開を行なっている、大阪海遊館海洋生物研究所 以布利センターのジンベエザメですが、今いる個体を海に放流することが決定しました。
これに伴いまして、5/22(日)の公開を最後に、5/28(土)より、一般公開は当分の間中止となります。

一般公開の再開時期は未定です。
大変人気がある施設ですので、見られなくなるのはとても残念ですが、ご理解、ご了承のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

ここでは、海遊館に展示する生き物の収集と飼育、周辺海域の調査研究をおこなっています。以布利港の目の前の太平洋には、黒潮に乗って多くの生き物たちがやって来るのです。

普段は関係者以外の立ち入りを禁止していますが、ジョン万次郎資料館と足摺海洋館の利用者は、特別に見学をする事が出来ます。

~大阪・海遊館のジンベエザメが、ふるさとの大水槽を泳ぐ!~

5mを超すジンベエザメ2匹が、大水槽を優雅に泳いでいます。
大阪・海遊館にて展示・飼育されるジンベエザメは、黒潮海流が日本で最初にぶつかる足摺岬周辺の海で、漁師の網にかかったものを輸送するのがほとんどだそうです。
10:30と14:00にはエサやりが見学できます。※餌やり時間はジンベエザメの体調などにより変更になる場合がございます。

★見学可能日時★
土・日曜日、祝祭日 / 9:00~15:00
※通常は、一般の人は立入禁止の施設ですので、特別見学でも料金は発生致しません。
※ただし、生物の状態などにより予告なく見学を中断・中止する場合がございます。ご了承くださいませ。
※フラッシュ撮影はご遠慮ください。

 

お問い合わせ先はこちら↓
(一社)土佐清水市観光協会
TEL:0880-82-3155